このチュートリアルの概要

Webサービスを運営していると、ユーザーが自社ブランドについて言及しているコンテンツUGC(User Generated Contents)を計測したい場面があります。

一般的には、User Localなどのサービスを利用して、有料で投稿数を可視化することができますが、スタートアップのような企業だと、なかなか難しいです。

そこで本チュートリアルでは、ユーザーのツイッター上の投稿を、Slackに通知しつつ、さらにGoogle Spreadsheetにデータ連携する方法を学びます。

完成すると、以下のようにSlackチャンネルに、Twitter上の投稿が可視化されます。

また、Google Spreadsheet上には、以下のように投稿数が自動出力されるようになります。

このチュートリアルでは解説しませんが、Google Data Studioと連携することで、UGC数の推移を可視化することも可能です。

このチュートリアルは、一切コードを書きません。

iPaaSと呼ばれるツールIFTTTを利用して、実装を行います。

そのため、一切コードを書かないので、プログラミング未経験の方でも簡単に実装することができます。

このチュートリアルの対象ユーザー

  • すでにSlackアカウントを持っていること
  • Googleアカウントを持っていること

手順

  • 通知したいキーワードを決める
  • Twitter検索で該当するキーワードのパラメーターを指定する
  • IFTTTに登録する

通知したいキーワードを決める

次に通知したいキーワードを決めます。

今回は、このサイトDAINOTEというキーワード、もしくはURLが投稿されたときに、通知されるようにしましょう。

ポイント

  • dainoteというキーワードがつぶやかれたとき
  • code.dividableというURLの投稿がつぶやかれた時

Twitter 検索のクエリを設定する

この際に使うのがTwitter検索です。

まずはTwitterにアクセスして、右上の検索窓を見てみてください。

 

Twitter検索は、くせがあるので、やり方を覚えておきましょう。

まず、Twitterにアクセスします。

右上に、検索窓があるので、DAINOTEと検索してみます。

そうすると、実は

  1. DAINOTEというアカウントIDが含まれたユーザーの投稿すべて
  2. DAINOTEというメッセージが含まれた投稿すべて

    が表示されるのですが、この場合、①は必要ないですよね。

    その場合、次に、アカウントに文字が存在しない場合は、

    DAINOTE OR @適当なTwitter ID

    と指定してあげると、アカウントに「DAINOTE」が含まれたKWを除外することができます。

    最後に、dividableというURLの投稿も合致させるので、

    url:dividable

    と設定しおます。

    これらをOR条件で指定してあげると、こうなります。

    DAINOTE OR @sdjhfadskjfdfddfssd OR url:code.dividable

    このキーワードを、IFTTT側で設定してあげます。

    IFTTTを使いこなそう

    IFTTTは、iPaaS(Infrastracture as as Service)という、クラウド上で自動化ができるWebサービスです。

    先ほどの

    • IF: ~な時に
    • THEN: ~なアクションをとる

    という設定を行い、常時起動させておくことができます。

    今回は、

    • IF: Twitter上で任意のキーワードで投稿がされたときに
    • THEN: Slack上に通知する

    という条件でやってみたいと思います。

    まず、IFTTTにアクセスして、新規登録、またログインします。

    そして、以下のページに移動してください。

    Post to Slack when a tweet matches your search term

    Connectを入力すると、以下のような画面に遷移します。

    What are you searching for?には,先ほど指定した

    DAINOTE OR @sdjhfadskjfdfddfssd OR url:code.dividable

    を入力します。

    そしてSlackのチャンネルを設定すると、無事投稿することが可能です。

    ここまでできたら、試しにこのサイトのURLをTwitterで投稿してみましょう。

    このチュートリアルのURLをTwitterで投稿する

    投稿すると、5分~10分後にはSlackに投稿されます。

    スプレッドシートにUGCを保存する

    次に、Google スプレッドシートにUGCを保存してみましょう。

    こちらも、同じようにIFTTTを利用します。以下のページにアクセスします。

    Twitter Search to Google Spreadsheet

    Connectをクリックして、Settingsをクリックします。

    入力する内容は、以下の通りです。

     

    • Search For: DAINOTE OR @sdjhfadskjfdfddfssd OR url:code.dividable
    • Spread Sheet Name: DAINOTE_UGC
    • Formatted Row: @{{UserName}} ||| {{Text}} ||| {{LinkToTweet}} ||| =GOOGLETRANSLATE(left(“{{CreatedAt}}”,find(” at “,”{{CreatedAt}}”)),”en”,”ja”)

    Formatted Rowについて補足すると、IFTTT側でCreatedAtが起動するときに、タイムスタンプ(日時)が

    • May 20, 2018 at 03:30PM

    のように指定されてしまうので、Google Spreadsheet上の関数を利用して、2018年5月20日となるようにしています。詳しくは、以下のページをご覧ください。

    IFTTTからスプレッドシート書き出し時の日付タイムスタンプのフォーマット修正

    この状態でSaveをクリックすると、投稿が記録されるはずです。

    スプレッドシートは、設定した名前でGoogle Driveで検索すると出てきます。

    うまくいくと、以下のようにUGCが追加されます。

    あとは、countif関数などを利用して、デイリーで投稿数をカウントすることも可能です。

    データをしっかりと確認したい場合は、Google Data Studioに連携すると、よいでしょう。