学習内容

今回は、Youtubeのチャンネル登録者数のデータを、Google Apps ScriptとYoutube APIを用いて定期実行して取得してみます。

事前に学習が必要な項目

事前に必要な学習項目については、以下の通りです。

  1.  JavaScript
  2. Google Apps Scriptを利用して、ツイッターのフォロワー数を毎日自動取得しよう!

JavaScript
JavaScriptの基礎を学びます。
Google Apps Scriptを利用して、ツイッターのフォロワー数を毎日自動取得しよう!
Google Apps Scriptを利用して、Twitterのフォロワー数を毎日自動取得します。
 

Youtube APIを利用できるようにする

Google Apps Script上で、Youtube APIを利用します。Youtube APIとは、Youtubeからデータを取得することができる窓口となります。 以下の記事に従って、Youtube APIをGoogle Apps Script上で使えるようにします。やることとしては以下の通りです。

  1. スクリプト エディタのリソースメニューから「Google の拡張サービス…」をクリック
  2. Google の拡張サービス画面が表示されたら、Youtube APIを「ON」にする

これでYoutube APIとの接続準備が完了しました。

チャンネルIDを確認する

今回は取得したいYoutube チャンネルのIDを選びます。例えば、僕の運用しているYoutubeですと、以下のチャンネルとなります。

https://www.youtube.com/channel/UCaeuEZcPrQMdMvI6VMFHc5Q

channel/ 以降がチャンネルIDとなります。

UCaeuEZcPrQMdMvI6VMFHc5Q

こちらのIDをメモしておきます。

実装する

それではさっそく実装していきましょう。

addData関数を定義する

以下のようにaddData関数を定義します。

function addData(){
}

シートを取得する

Google Apps Script上のシートを取得します。getSheetsですべてのシートを取得します。

function addData(){
    var spreadSheet = SpreadsheetApp.getActive();
    var sheets = spreadSheet.getSheets();
}

sheetsのオブジェクトには、シートがリスト形式で取得されます。 ※個別のシートを取得する場合は、以下のように取得することが可能です。

sheets[0]

Youtube APIを利用する

さて、Youtube APIからデータの取得を行います。

function addData(){
    var spreadSheet = SpreadsheetApp.getActive();
    var sheets = spreadSheet.getSheets();
    var channel = "UCaeuEZcPrQMdMvI6VMFHc5Q";
    var data = YouTube.Channels.list('statistics', {id: channel});
}

上記のコードを実行すると、認証画面が出てきます。こちらをすべて許可すると、Youtube APIからデータを取得することができるようになります。

このチュートリアルは¥1,980で購入できますが、LINE Bot開発コースに含まれる3記事¥5,940相当が¥4,980で購入できる、お得なセット割もあります。詳しくはLINE Bot開発コースをご覧ください。