この学習ルートで学ぶとできるようになること

この学習ルートで進めていただくと、ゴールとしては以下のイメージになります。

  • PythonやGoogle Apps Scriptを利用して、日々のデータ収集を自動化できるようになる
  • 通知設定などを自動化することができるようになる。

STEP1 HTML・CSS基礎

スクレイピング で、コードを読み取るために必要なHTML・CSSを学びます。
Progateというサービスを利用します。

Progate | HTML & CSS
ProgateのWebサイト制作で必要なHTMLとCSSを学べるコースです。実際にコードを書きながら、デザインを学べるので非常におすすめのチュートリアルになります。

STEP2 Python 基礎

さて、まずはPythonの基礎を学びましょう。アプリを作る前に、基本的な文法を理解しておくことが重要です。
ProgateのPythonⅠ〜Ⅲまで学習を完了しておきましょう。

Progate | Pythonコース
プログラミングの基礎を、環境構築なしで学べる、日本最大級のプログラミング学習サイト。まず、基礎を学ぶならここでやってみましょう。

STEP3 Pythonの環境構築

次に、Pythonの環境構築です。
本来であれば、お持ちのWindows, MacにPythonを実行できる環境を構築する必要があり、初心者にとっては少し挫折しやすいのですが、今回利用するGoogle Colaboratoryは、全てWeb上で動作することが可能です。さっそく、以下のチュートリアルから環境構築してみましょう。

Pythonで環境構築をしてみよう
Google Drive上で簡単に環境構築ができる、Google Colaboratoryを利用して、環境構築を行います。10分ほどで簡単に環境構築することができるので、初学者の方におすすめです。

※ただし、Webアプリを開発する際には、お使いの端末への環境構築が別途必要になります。

STEP4 Web スクレイピング 基礎

Web上のデータを自動収集する方法を学びます。こちらのチュートリアルでは、実際に存在するブログをスクレイピング する方法を学びます。

Pythonによるスクレイピング①入門編|スクレイピング を用いて、データを自動抽出してみよう
PythonでWebスクレイピング を学びます。Webスクレイピング は、オンライン上でページのデータを読み取り、自動収集する技術となります。今回は、ブログから記事タイトルとURLを自動収集する方法を学びます。

STEP5 Web スクレイピング 応用

スクレイピング の応用編です。ブログのカテゴリデータを全取得して、自動収集する方法を学びます。

Python スクレイピング② ブログのカテゴリから、「次へ」が存在する全ての記事を自動収集してみよう
ポータルサイト(転職サイトなど)の全データを収集したいけど、自分の手でやるにはあまりにも時間がかかりすぎる…Python スクレイピングコースは学んだけど、もう少し発展的なことを学習してみたい..., 日々の情報収集業務でスクレイピング を利用してみたい....という方におすすめです。

STEP6 Web API基礎

STEP7  Google Apps Scriptで、データの自動収集

STEP8 Google Apps Scriptで自動通知

ビジネスxプログラミングコース(2)Google Apps ScriptでGoogle SpreadsheetのデータをSlackに自動で通知する
Google Apps Scriptを利用して、Twitterのフォロワー数を毎日Slackに自動通知します。
Google Apps Scriptを利用して、Google Formから申し込みが入ったら、Slackに通知してみよう
Google Formが送信されたときに、Slackに通知する方法を学びます。